最近の記事

2012年02月04日

映画音楽 フォレスト・ガンプ/一期一会

アメリカの現代史の真ん中を駆け抜けた男の数奇な人生を、笑いと感動豊かにつづったヒューマン・ドラマ。 30年に及ぶ物語の背景として、年代によって移りゆく風俗・文化・流行が丹念に描き込まれているほか、ボブ・ディランの『風に吹かれて』、ドアーズの『ハロー、アイ・ラブ・ユー』など、全32曲に及ぶ当時のフォーク、ロックのヒット曲や名曲満載されているのも聞きもの。 また、記録フィルムやテレビの収録テープから集められた、ケネディをはじめとする歴代大統領やジョン・レノンといった有名人たちと主人公フォレストが、デジタル合成技術を駆使した特殊視覚効果を施されて“夢の共演”を果たしているのも見どころ。
posted by 大和 at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画音楽 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

映画音楽 復活の日

小松左京の同名SFを原作に、製作費22億円、構想5年、製作期間3年を費やした超大作。 1982年、東ドイツの研究所から猛毒ウイルスMM-88が盗まれた。 ところが盗み出したスパイの乗った飛行機はアルプス山中で事故に遭い、ウイルスが蔓延した地球は、南極にわずかな人類を残して滅亡する。その生存者の一人、地震研究者吉住は、さらに大きな危険が近づいていることに気づく。 アメリカ東部に大地震がおきる可能性があり、それは核ミサイルの発射を誘発するものだった……。 主題歌 ジャニス・イアン You are love
posted by 大和 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画音楽 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

映画音楽 プリンセスと魔法のキス

主題歌『Never Knew I Needed』 歌:ニーヨ 第82回アカデミー賞 長編アニメ映画賞 主題歌賞
posted by 大和 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画音楽 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画音楽 ボルト

主題歌「I Thought I Lost You」は、ペニー役のマイリー・サイラスとボルト役のジョン・トラボルタが一緒に歌っている。
posted by 大和 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画音楽 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画音楽 ブラザー・ベア

主題歌 Look Through My Eyes 歌 フィル・コリンズ
posted by 大和 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画音楽 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画音楽 ヘラクレス

「Go The Distance」マイケル・ボルトン
posted by 大和 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画音楽 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画音楽 ポカホンタス

ゴールデングローブ賞 主題歌賞 for Colors of the Wind 歌 ヴァネッサ・ウィリアムス
posted by 大和 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画音楽 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

映画音楽 BROTHER

監督 北野武 出演者 ビートたけし、オマー・エップス 音楽 久石譲 日本を追われ、米国に逃亡した日本人ヤクザ・山本とその一味が抗争の末敗北して行く様を描いたバイオレンス映画。
posted by 大和 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画音楽 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画音楽 ハウルの動く城

監督 宮崎駿 出演者 倍賞千恵子、木村拓哉、美輪明宏 音楽 久石譲 -オープニング- 人生のメリーゴーランド イギリスの児童文学作家、ダイアナ・ウィン・ジョーンズの『魔法使いハウルと火の悪魔』を原作に、宮崎駿監督が映画化。魔法と科学が混在する世界を舞台に、魔女に呪いをかけられ老婆になってしまった少女と青年魔法使いのハウルの共同生活を描いたイマジネーションあふれるラヴストーリー。
posted by 大和 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画音楽 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

映画音楽 プラトーン

作曲 サミュエル・バーバー 弦楽のためのアダージョ Op.11(Adagio for Strings) 監督 オリヴァー・ストーン 出演者 チャーリー・シーン、ウィレム・デフォー、トム・ベレンジャー フォレスト・ウィテカー、ジョニー・デップ ベトナム帰還兵であるオリヴァー・ストーンが、アメリカ陸軍の歩兵であった頃の実体験に基づき、アメリカ軍による無抵抗の民間人虐殺、米兵たちの間で広がる麻薬汚染、仲間内での殺人など、現実のベトナム戦争を描いた作品。 この悲しい旋律の音楽がより一層映画の感動を盛り上げてくれます。 アメリカでこの曲が有名になったのはジョン・F・ケネディの葬儀で使用されてからである。 そのため、訃報や、葬送などでの定番曲として使われるようになったために、バーバーは 「葬式のために作った曲ではない」と不満を述べている。
posted by 大和 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画音楽 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。