最近の記事

2012年02月04日

映画音楽 レクイエム・フォー・ドリーム

異色スリラー『π<パイ>』でサンダンス映画祭監督賞を受賞したダーレン・アロノフスキー監督が、『ブルックリン最終出口』で知られるアメリカの作家ヒューバート・セルビーJr.の小説を映画化。ささやかな愛と幸せを求めてドラッグの罠に落ちて行く人々の孤独感と空しさをえぐり出す。 凝った映像で幻覚症状に陥った際の混乱した世界を映し出し、観る者をその底なし沼のような恐怖に引きずり込む。 ジャレッド・レトとジェニファー・コネリーの美しい恋人たちが堕ちていく姿も痛々しいが、ダイエットに取りつかれる母を演じるエレン・バースティンが圧倒的。 麻薬中毒で半狂乱になる哀れな中年女性の悲劇をすさまじい姿で熱演した彼女は、今年度のアカデミー賞で主演女優賞にノミネートされた。
posted by 大和 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画音楽 ら行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画音楽 ラスト・オブ・モヒカン

1825年に発表された、ジェームズ・フェニモア・クーパーの小説『モヒカン族の最後』を原作に、18世紀、建国前夜のアメリカ東部を舞台に、インディアンに育てられた白人青年と、イギリス人大佐令嬢の愛を描く歴史ドラマ。 監督・脚本・製作は「刑事グラハム 凍りついた欲望」のマイケル・マン、共同製作はハント・ローリー、エグゼクティヴ・プロデューサーは「フリージャック」のジェームズ・G・ロビンソン、共同脚本はクリストファー・クロウ、撮影は「恋のためらい フランキーとジョニー」のダンテ・スピノッティ、音楽は「ミシシッピー・バーニング」のトレヴァー・ジョーンズと「キンダガートン・コップ」のランディ・エデルマンが担当。 主演は「マイ・レフトフット」のダニエル・デイ・ルイス、「不法侵入」のマデリーン・ストウ。
posted by 大和 at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画音楽 ら行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画音楽 レジェンド・オブ・フォール 果てしなき想い

遙かなオールド・ウエストを舞台に、愛に素直に生きられない青年と、彼を想い続けた女性の悲しい愛の軌跡を描いた大河ロマン。 「ウルフ」の脚本も手掛けた現代アメリカ文学の人気作家ジム・ハリソンの中編小説を、「きのうの夜は…」「グローリー」のエドワード・ズウィックの監督で映画化。 脚本はスーザン・シリディとビル・ウィトリフ。製作はズウィック、彼のパートナーのマーシャル・ハースコヴィッツ、ウィトリフの共同。エグゼクティヴ・プロデューサーは「めぐり逢えたら」のパトリック・クロウリー。 カナダ・ロケで美しい自然をとらえた撮影は「ブルーサンダー」のジョン・トール、音楽は「スウィング・キッズ」のジェームズ・ホーナー。美術は「ザ・シークレット・サービス」のリリー・キルヴァート、衣装は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のデボラ・スコットがそれぞれ担当。 主演は「リバー・ランズ・スルー・イット」「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のブラッド・ピット。
posted by 大和 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画音楽 ら行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画音楽 ロミオとジュリエット

ウィリアム・シェークスピアの高名な戯曲の映画化で、監督は「じゃじゃ馬ならし」のフランコ・ゼフィレッリ。 脚本はフランコ・ブルザーティとフランコ・ゼフィレッリが書き、台詞はマーガレット・アンダーソンが担当した。 撮影はパスカリーノ・デ・サンティス、音楽はニーノ・ロータ、美術監督はルチアーノ・プッチーニ、衣裳はダニロ・ドナーテイ、装置はクリスティン・エザードが担当した。出演はロミオにレナード・ホワイティング(16歳)、ジュリエットにオリヴィア・ハッセー(15歳)の二新人が抜てきされ傍役はイギリスの舞台俳優でかためている。 製作はアンソニー・ハヴェロック・アランとジョン・ブラボーン。
posted by 大和 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画音楽 ら行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

映画音楽 レオン

主題歌 スティング 『shape of my heart 』 監督 リュック・ベッソン 出演者 ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ゲイリー・オールドマン 凄腕の寡黙な殺し屋と12歳の少女の純粋な愛を、スタイリッシュなアクション・シーンを交えて描いた一編。
posted by 大和 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画音楽 ら行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画音楽 レスラー

音楽 クリント・マンセル 主題歌 ブルース・スプリングスティーン 監督 ダーレン・アロノフスキー 出演者 ミッキー・ローク、マリサ・トメイ ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞に輝いた感動ドラマ。ミッキー・ロークが中年の悲哀漂うプロレスラーの光と影を見事に演じ、オスカーにノミネートされたことも話題となった。 当初、制作会社はこの映画の主演にニコラス・ケイジを起用しようとしていたが、監督のダーレン・アロノフスキーはミッキー・ロークを主演に据えることを強硬に主張し譲らなかった 。その影響で制作費は600万ドルにまで削られ、公開日に封切りした映画館はたった4館にすぎなかったということで、監督さんに拍手を送りたい。 ニコラス・ケイジも勿論いい俳優ですが、この作品はミッキーの方が適役であり、彼しか演じきれないと思う。
posted by 大和 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画音楽 ら行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

映画音楽 ラストサムライ

作曲 ハンス・ジマー 監督 エドワード・ズウィック 出演者 トム・クルーズ、渡辺謙 トム・クルーズが武士道精神をテーマに、自ら製作と主演を兼ねた米国産の日本時代劇。政府軍に西洋式の戦術を教えるため来日した米国将校が、時代に抗い自らの名誉に生きるサムライに感銘を受け、やがて彼らと運命を共にしていく姿を壮大なスケールで描く。 ハンス・ジマーは欧米圏外の民族をテーマにした曲が多い。 日本の伝統的な音楽の要素も取り入れている。
posted by 大和 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画音楽 ら行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

映画音楽 レインマン

作曲 ハンス・ジマー レイン・マンが自由奔放な青年と、重い自閉症の兄との出会いと人間としての変化を描いたヒューマンドラマとい複雑なテーマを扱った作品なので、この曲もそれにマッチしていて、人間の繊細な感情を表現したような曲になっている。
posted by 大和 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画音楽 ら行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

映画音楽 ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

ハワード・ショア作曲 メインテーマ アカデミー作曲賞
posted by 大和 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画音楽 ら行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。